ライター:

伊勢丹の元カリスマバイヤーであり参議院議員の藤巻幸大さんが死去で伝えたかったもの

藤巻百貨店のオーナーでありバイヤー、そして参議院議員であった藤巻幸大さんが考えてた、残したかったであろう事を書いておこうと思います。

私もこのお亡くなりになったという悲報を聞いた時には正直唖然としました。

そしてこういった記事を書くべきか、否か、迷いましたが、ファッション業界から初の国会議員になり、日本を変えようと必死になっていた藤巻さんのお手紙を代筆させていただきたく思いまして記事にさせていただく事にしました。

 

実はお亡くなりになる数日前、当社へ藤巻さんの事務所からお手紙が届いておりました。

IMG_7075

 

この手紙に藤巻さんの全てが集約されていると思います。

代筆させていただきます。

 

【藤巻は昨年、国会で総理、財務大臣、国土交通大臣などに14回質問。

国の施策に“デザイン”の力を活用することを提唱!

外国人観光客の増加のための政策に外国メディアの活用を力説。

地域の元気がこの国を支える!

ものづくり、ブランディングを頑張る企業を支援!

2014年、行動の藤巻、今年も全国飛び回り、日本中を元気にします!】

 

と言葉を残され、逝去されました。

 

私が藤巻さんにお会いしたのはほんの数年前です。

ある講演会の控室で一緒になる事が出来、ファッション業界について、これからの日本について、熱く語ってくださりました。その時の事は今でも忘れません。

私からなんぞ、勿論雲の上の方であり、お話するのもおこがましいのですが、温かく迎え入れてくださり、耳を傾けてくださりました。

 

『東京に来ないかい?色んな人に会わせて、色んな経験をさせてあげるから。そして、ローカルから世界をどんどん見ていくんだよ!』

この言葉は一番心に突き刺さり、これからも忘れません。

 

そして、私の住んでいる栃木県について後日こういった言葉を残されています。

 

『栃木県は何度も来ているけど、いつ来ても本当にいい街だと思うんだ。でね、これからは栃木県も含めて、地方都市をどんどんブランディングしていく仕事をしていこうと思ってる。その時には一緒に何かやろうよ!』

と。

 

藤巻さんはファッション業界で数々のブランディングを成功された後、心から日本を想い、国のブランディング=地方をブランディングし、活性化させる事。の大切さを一番に理解し、政治生命をかけて必死に取り組まれていたんだと思います。

上記の手紙にも書かれておりますが、国を活性化させるには“国をデザイン(ブランディング)すること”からだと考えていたんだと思います。

 

そして、国会議員に繰り上げ当選されてからというもの、私としては『民間企業が国会議員さんと仕事しててはあまり良くないだろう』と思い、仕事の電話をする事をやめ、連絡は途絶えたままでした。

そこに来てのお手紙でしたので、『お元気にやられているようで何より』と思っていた所に数日後の悲報。本当に残念に思えて仕方がありません。

 

『うちの兄貴は頭もいいしスマートだけど、俺には動くしかねーからなぁ〜』

 

なんて、敏腕トレーダーとしても有名なお兄さまの事も気遣い、尊敬していらっしゃる温かい方でした。

 

藤巻百貨店をオープンさせてからというもの、私の周りの人間でも多くの方が利用していると話しを聞きます。

私自身も新着商品が掲載される度にいつもビックリさせられてましたし、常日頃勉強させていただいておりました。

 

ですがもはや藤巻さんの頭・力・身体はファッションの領域だけでは物足りず、もっともっと高みを目指していたのでしょう。

 

藤巻さんは一見すると怖く、堅いイメージがありますが、本当に優しくて行動力も、頭脳も抜群に優れたユーモア溢れる温かい方でした。

 

この度の悲報は私達ファッションを愛する人間からしても残念で仕方がありませんが、前例をぶち壊し続けてきた藤巻さんの生き方、それからこの手紙に残された言葉をここに代筆させていただき、私からのお悔やみの言葉とさせていただこうと思います。

 

藤巻幸大さん、今までありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

 

Category: SPECIALISTTopics
Tag:

TWO_BOW
ライター

㈱STAYGOLD 代表 メンズファッションブロガーとして6年連続日本一を獲得後、当サイト:Leaddy立ち上げ。好きな物:Rock/Fashion/Running/神社/温泉/宇宙/歴史 etc... instagram:leaddy.jp Twitter:(個人):@two__bow (Leaddy):@Leaddy_JP Facebook:@leaddy.jp

オススメコンテンツ

最近の投稿