ライター:

【ファッション脳低下注意】本当の価値はプレミア度やリセール価格で決まると言う風潮

IMG_4447

物の価値はリセール価格では決まらない

絵画や美術品・宝石等様々なものが世の中ではリセール価格やプレミアム度によってその所有欲が高まると言われており、実際一般的な価値観はそうなのは否めない所です。

ですが、ファッションに関しては根本的に楽しむと言う要素が強くなくては何も始まりません。買う前からこれは高くなりそうだ!等と考えて購入するのは、ファッションを楽しむ気持ちがなくなっていくことでもあり、そのブランドがリセール価値を高めるためにデザインしているようで失礼なことでもあるとおもいます。

特に、高くなりそうだから購入すると言うのは脳が固くなってくる年齢から起こってくると言われています。年配の方でこの服◯◯円したのよ〜、この宝石◯◯円すると言うセリフ聞きますよね。もちろん否定ばかりしていても意味が無いので、これはこれでそう言った価値観もあり、それを求める層もあると言うことですね。

IMG_2841

ファッションはまず楽しむべき

いわゆる原宿キッズやファッショニスタの方で、リセール価格を気にしてコーディネートしている方は中々聞いたことがありません。狭い世界で特定の手に入りづらいブランドばかりを着ているのを自慢する方も多いですが、それもまたそう言ったことを求める層があるのも事実です。逆に言えばそう言った方々がビジネスとしてのブランドを維持するのに役に立っているので、確実に必要な層です。

ですが、様々なお店に足を運び、もしくは様々なECサイトを見て悩むのは楽しいと思うのです。

IMG_1943

筆者が常に思うのは、リセール価格ばかりに気をとられて、本当の価値を見失わないようにファッションを楽しみたいものです。リセール価格を気にするのは端的に言ってしまえば失敗しないための買い物と言うことです。1万円で買ったものが5万円で転売されているのと、余ってセールにかかっているのを見るのでは自己所有欲が変わってしまうのはわかります。

ですが、その商品を買っている層が果たして自分が求める層と同じなのか、近い存在なのか、気にすべき存在なのか。ぜひ考えていただき、頭を柔らかくファッションを楽しむことをオススメします!

Category: FASHIONRecommend
Tag:

nao
ライター

スニーカーと洋服で部屋が埋まってしまうお馬鹿さん 常に心がけているのはカードを持って伊勢丹メンズ館や青山に行くのは危険と言う事 ファッションからガジェット・ライフスタイル色んな記事書きます! ライブハウスのモッシュピットでお会いしましょう!

オススメコンテンツ

最近の投稿