ライター:

ラブレス・ギルドプライム・エデュケーション フロム ヤングマシーン 2017秋冬展示会リポート!

LOVELESS – GUILD PRIME そしてEDUCATION FROM YOUNG MACHINES 2017 A/W COLLECTION 展示会リポート


三陽商会が展開するLOVELESS/GUILD PRIME、そして今の時代に合わせてアップデートし続けるコレクションとしてEDUCATION FROM YOUNGMACHINES (エデュケーション フロム ヤングマシーン)。2017年秋冬展示会として発表されたそれぞれのシーズンテーマにはどの様な想いがあったのか。また、それぞれの商品ラインナップはどの様な物があるのか。画像を中心にお聞かせ頂いた内容をご紹介させて頂きたいと思います。

LOVELESS(ラブレス)

2017 AW のシーズンテーマはBOND STREET
イギリス文化の中心となるこの土地で、一際賑やかで高級ブランドのブティックが集中して立ち並ぶ街がボンドストリートです。大柄のタータンチェック、トラディショナルなグレンチェックやガンクラブチェック、ベルベットなど、これらを現代のワードローブにモディファイした英国調スタイルを、LOVELESSの本格的な物作りにてお楽しみください。


カラーコンセプトは、ブラック・グレー・ホワイトをベースカラーとし、深みのあるボトルグリーン・ボルドーに、クラシカルなネイビー・キャメルを加えた展開となっています。

また、4つのフィーチャーとして、
・BRITISH CHECK MOTIF
・VELVET MATERIAL
・LEATHER COLLECTION
・DENIM COLLECTION
がハイクオリティーなラインナップで展開されている。
GUILD PRIME(ギルドプライム)
2017 AW のシーズンテーマはSOHO FASHIONISTA
ニューヨークSOHO地区を行き交うファッショニスタたちのワードローブをイメージしたコレクションにて展開。


ファッション感度の高い彼らは、トレンドの「スポーツ」やストリートなどをキーワードとし、自分流にモダンにアレンジしながらスタイリッシュに装います。


そこに、カモフラ&スターなどのエッジーなモチーフや、ファーやボアを使用したラグジュアリーなテイストをプラス。
シーズンカラーには、ブラック&ホワイトのモノトーンを中心に、オレンジやピンク、ピーコックブルーなど鮮やかなアクセントカラーを展開。


(小物などのアクセサリーコレクションも充実 。また、ポップなカラー展開も特徴的。)
GUILD PRIMEの4つのフィーチャーとしては、
・FUR&BOA MATERIAL
・STAR MOTIF
・SPORTY LINE
・ACCESSORIES COLLECTION
が展開されている。

Men’s collection Selected by LOVELESS・GUILD PRIME


(左から、doublet(ダブレット)のブルゾン x 別注パーカー、 FDMTL(ファンダメンタル)のデニムコート x A (LeFRUD)Eの別注ニット、MUSHER(マーシャ)別注ダブルレザーライダース x CULLNIの別注トップス)


(Champion別注パーカー)
など多くのEXCLUSIVEがラインナップされている。


(一際ストリート感を放っていたNEWAMS(ニューアムス)のブルゾンジャケット。近年の主流になりつつある袖が長めでバックプリントが大きく入るなど、異色のパターン/デザインが特徴的。)

EDUCATION FROM YOUNGMACHINES(エデュケーション フロム ヤングマシーン)

2017 AW のシーズンテーマはAROUND MILLENNIUM
今から17年前、ミレニアムと呼ばれていた2000年頃、90年代に生まれたストリートブランドたちが円熟期を向かえ、モードの新生であったアントワープ6も多くの人に認知され活動を再開したラフシモンズがストリート由来のビッグシルエットで作られたミリタリースタイルをパリコレクションで発表していた。


そんな時代僕らが着ていたのは、ストリートやモードの境界線も無く、それらを自由にミックスし自分のスタイルに落とし込んだ服たちだった。


いま正にそんなスタイルが心地よい。


今期の EDUCATION FROM YOUNGMACHINESは、当時のスタイルからミリタリー、スケーター、グランジ、スクール、スポーツをピックアップし、それらの異なるテイストのアイテムをミックスしたスタイルを提案。


シルエットやディテールで遊びを加え、今の時代に合わせてアップデートしたコレクションになっている。


(ロゴラインが特徴的なジャージジャケットなどストリート色の強いラインナップも揃います。)
LOVELESS / GUILD PRIME : www.loveless-shop.jp/

ここがちょっといいね!

ハイクオリティー・ミドルレンジ・ストリート・ミックススタイルといった様々な角度から展開されている今年の秋冬コレクション。展開されている商品は久しぶりに拝見させていただきましたが、やはり素材重視の三陽商会ならではのクオリティーだなと思いました。また、個人的にはストリート色も強くラインナップされていたEDUCATION FROM YOUNGMACHINESが今まさに着用したいと思いました。

Category: FASHIONTopics
Tag:

nao
ライター

スニーカーと洋服で部屋が埋まってしまうお馬鹿さん 常に心がけているのはカードを持って伊勢丹メンズ館や青山に行くのは危険と言う事 ファッションからガジェット・ライフスタイル色んな記事書きます! ライブハウスのモッシュピットでお会いしましょう!

オススメコンテンツ

最近の投稿