ライター:

ヒュンメル から『マラソナオリジナル』限定カラーがリリース!

MARATHONA OG “Bicolor” “Shigeyuki Kunii (mita sneakers) Direction”
“LIMITED EDITION for HUMMEL HIVE”

1923 年「ドイツ/ハンブルグ」にて靴職人であった「ALBERTO MESSMER(アルベルトメスマー)」氏が、雨天時のフットボール用にスタッド付きのスパイクを開発した事からその歴史をスタートさせた「hummel(ヒュンメル)」に於ける最上級プロジェクト「HUMMELHIVE(ヒュンメルハイブ)」が2016 年よりスタート。

そんな同プロジェクトから「hummel」が誇るランニングシューズの名作「MARATHONA(マラソナ)」のオリジナルディテールを可能な限り忠実に再現した「MARATHONA OG(マラソナオリジナル)」をベースに、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターを務める「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がディレクションを手掛けたシーズナルカラーがリリース決定。

名作が集う80 年代にリリースされ、好調なセールスを記録した「hummel」を代表するランニングシューズ「MARATHONA」は「通気性」と「軽量性」に優れた「ナイロンメッシュ」や個々の足に馴染む「スムースレザー」を「アッパー」に採用しつつ、シューズ内の「快適性」を促す為の「ベンチレーションホール(通気穴)」を「サイドパネル」に配置。更に「軽量性」と「クッショニング性」を兼備した「EVA(エチレンビニルアセテート)」の「ソールユニット」や「TPU(熱可塑性ポリウレタン)スタビライザー)」を搭載し、多くのシリアスランナーからの高い評価を獲得。近年では世界各国のキーアカウントとタッグを組んだコラボレートモデルや、完全復刻を果たした「MARATHONA OG」がリリースされる等
「hummel」のアイコンモデルとして注目を集めています。

今作は「mita sneakers」とのオフィシャルコラボレーションとして昨年末にリリースされた「MARATHONA OG MITA “Smørrebrød”(マラソナオリジナルミタスモーブロー)」で採用されたディテールワークやカラーブロッキングを踏襲したスピンオフプロダクトとして誕生。「前足部」に取り付けられた「シューホールガード」の「アンダーレイヤー」には「パンチング加工」を施し、本来「オーバレイヤー」で縫い付けられる「サイドパネル」に鎮
座するアイコニックな「シェブロン」はオリジナルモデルとは異なるレイヤリングで仕上げています。更に「シュータン」の「織りネーム」を脱ぎ履きを容易にする「シュータンタブ」に変更し「アーチサポート」や「安定性」そして「クッション性」を向上させた「カップインソール(中敷き)」を搭載する事で、見えない所にもタウンユースに実用的なアップデートを付加。

“Bicolor(バイカラー)”の愛称が付けられた今作はモダンなカラーブロッキングを採用しながらも「ホワイトステッチ」を採用する事で全体の統一感を持たせています。また「インソール(中敷き)」には「hummel」の「ロゴマーク」と「Designed by Shigeyuki Kunii mitasneakers(デザインバイ国井栄之ミタスニーカーズ)」の「オリジナルグラフィック」そして”東京改”が「プリント」にて施されています。

hummel
MARATHONA OG “Bicolor” “Shigeyuki Kunii (mita sneakers) Direction”
“LIMITED EDITION for HUMMEL HIVE”
BLU/NVY/NAT
YEL/BGE/NAT
価格: ¥15,000(+税)
発売日: 2017年8月26日(土)
問い合わせ先
S-Rush 原宿
Tel.03-6455-4125
mita sneakers
Tel.03-3832-8346

Category: FASHIONTopics

nao
ライター

スニーカーと洋服で部屋が埋まってしまうお馬鹿さん 常に心がけているのはカードを持って伊勢丹メンズ館や青山に行くのは危険と言う事 ファッションからガジェット・ライフスタイル色んな記事書きます! ライブハウスのモッシュピットでお会いしましょう!

オススメコンテンツ

最近の投稿