ライター:

「エデュケーションフロムヤングマシーン」ロック・フォトグラファー久保憲司氏とのコラボTがレコードジャケットに見立てたパッケージ入りで登場


エデュケーションフロムヤングマシーンから、ロック・フォトグラファー久保憲司氏とのコラボフォトTシャツが登場。

【Education from Youngmachines】MENS KUBO KENJI フォトT 

エデュケーションフロムヤングマシーンの18S/Sのシーズンテーマは「remix(リミックス)」。
既存の楽曲を再構成したり様々な加工を加えることによって、新たな楽曲を製作すること。
更に、新しい音やアレンジを変えた演奏を追加したり、オリジナルバージョンの素材を、一部や大部分を省くなどして新しいバージョンを作成すること。

このリミックスの手法をウェアに置き換え、異なる素材感やテクニックを組み合わせたり、複数のテイストをミックスしたスタイリングを提案。
先入観なくあらゆる物を自己編集し、自身のスタイルを形成していく人物をイメージしたコレクション。

今季大きな話題となっているアイテムとして、10代の頃からイギリスを拠点にロックフォトグラファーとして、偉大な音楽史の一瞬一瞬を切り取ってきた久保憲司氏の貴重な写真をEducation from Young machinesのフィルターを通して表現したスペシャルなデザインのコラボレーションTシャツが登場。

久保氏の写真に各アーティストの名言をのせたシンプルでありながらも目を奪われるデザイン。12inchのヴァイナルを模した仕様のパッケージでディスプレイやギフトにも使えるアイテム。

KOBO KENJI Photo T-shirt ¥7,400+tax

左から順に、
SUGAR CUBES(bjork) ver.
Kim Gordon ver.
RADIOHEAD ver.
Kurt Cobain ver.

久保 憲司(kenji kubo) / カメラマン、ライター、オーガナイザー

1964年大阪府生まれ

17歳の時に渡英。イギリスを代表する音楽誌『NME』への作品持ち込みをきっかけに、ロック・フォトグラファーとしてのキャリアをスタートさせる。
以降、『Melody Maker』等のイギリスの音楽誌、『ロッキング・オン』『クロスビート』『ミュージックマガジン』などの日本の音楽誌で活躍。
その傍ら自らペンを執り、音楽ジャーナリストとしても活動。
主著に『ロックの神様』(マーブルトロン)、共著に『ザ・ストーン・ローゼズ ロックを変えた1枚のアルバム』(伊藤英嗣著、イースト・プレス)、
『ダンス・ドラッグ・ロックンロール 誰も知らなかった音楽史』(鈴木喜之監修、音楽出版社)など。

Source ギルドプライム

Category: FASHION
Tag:

Lead
ライター

ファッション、デジタル、TOY、フードなどをピックアップ

オススメコンテンツ

最近の投稿