ライター:

インディーズブランドを牽引し続ける HEAD GOONIE : 大八木未来が語る、6年振りとなる展示会開催の理由とファッションブランドとしての拘り

昨日記事にもさせて頂きましたが、中目黒HOLIDAYにて開催されたヘッドグーニーの展示会。6年振りの開催となった今回の展示会にはインディーズブランドを代表するヘッドグーニーのモノづくりへの拘りや想いがあった。 

 

aedbf249ea376f6bb60a

参照:『HEADGOONIEが戻ってきた! 6年振りの展示会が中目黒Holidayにて開催中

 

【HEADGOONIE代表:大八木未来さんからメッセージ】

img_8461

HEADGOONIEが展示会を開催するのは6年ぶりです。
インディーズTシャツブランドとしてのリアルタイム展示会ではなく、ドメスティックブランドとしてワンシーズン前倒しの展示会としては、おそらく10年以上ぶりだと思います。
img_8467
2006~2007 年頃から、インターネット上に大型ショッピングサイトができて、携帯電話が進化しはじめ、全国的に店頭よりもインターネットでショッピングをする人が増えてきて、これからどんどんそっちが支流になる空気を感じたため、一旦展示会形式を辞め、ネット上のインディーズブランドとして、リアルタイムでつくったものをリアルタイムで販売してきました。
img_8525
 
インターネットで売るのであれば、アイテムは一気に放出せず、小出しにしてアクセスを安定させたり、試着しないでもおおよその大きさや質感が画像と文章から把握できるようにオリジナルパターンよりも既存のボディを使うプリントアイテムを中心にしたり、ネット販売向けのやり方があります。
価格帯も本当はHEADGOONIEよりももっと安い方が売りやすいと思います。
 img_8440
しかし僕はやっぱり洋服が好きなので、Tシャツやパーカーにプリントしているのも楽しいのですが、年々オリジナルパターンのアイテムが増えてしまい、僕も30代後半になってきて、最近は藍染や麻に加えて新素材への挑戦として炭などの自然素材にも興味が出てきて、気がつくと半分以上がオリジナルで製作したウエアになってしまいました。
img_8452
 
結構サイズ感やかたちも凝っていて、試着しないとわからないし、日本製だから衝動買いできる金額でもない。
 
img_8453
 
今年はじめに用賀に小さなショールームをオープンしましたが、都内近郊のお客様ならばいつでも来て頂けるのでいいなと思うのですが、どうしても地方に住まわれてらっしゃって都内まで来れない方のために、HEADGOONIEを取り扱ってくれるSHOP様に出逢いたいと思い、もう一度展示会形式にすることを決めました。
img_8469-2

(2017S/S展示会ノベルティー①:ブランドロゴがプリントされたトートバッグ。普段使いにも最適なサイズ。グーニーズのまさにキーアイテムのチェスター・コパーポット卿の骨の鍵が表紙になっている同封のカタログもワクワクする内容で目が離せません。)

img_8455
(2017S/S展示会ノベルティー②:ヘアゴム&バッヂ。ご来場された方にはどちらか1つをプレゼント!)
 
それが一番の理由ですが、もう1つ理由があるとすれば、
携帯電話でインターネットで買い物するのが支流となって約10年。
 
変な話、インターネットは世界につながっていて、ちょっとしたことでも拡散されたり叩かれたりはどうしてもしてしまいます。
そんな中服に関しても、ネット販売 を考慮して、当たり障りないものが増えてしまったような気がしていて、僕が若き日に心躍らせた“ちょっと危険なブート感”は完全に排除されてしまったように感じます。
 
なのであまり大きな声では言えませんが、たとえば店頭のみでネット販売では絶対に不可能なグラフィックやウエアをこっそり販売したり、期間限定でゲリラ販売ショップを開いたりして、足を運ばないと見れないし買えない服を店頭で買うことに、もう一度新しさを感じ新鮮な気持ちで服作りをしています。
img_8443
を原料として作られた“SUMISEN®”による REVERSE WEAVE HOODIE SWEAT(左)とSUPER WIDE T-SHIRTST(右))
 
皆さん意外と知らないかも知れませんが、実際にもうそういう動きをしている人やお店もたくさんあって、また店頭に人が戻って来ている空気を感じます。
 
この2つの理由から、もう一度展示会をはじめてみました。
 
春先には17AW展も開催します。
できれば東京だけではなく、各地やらせてくださる所があれば是非廻りたいと思ってます。
またHEADGOONIEを取り扱ってくれるセレクトショップも大募集中です。
 
皆様今後共HEADGOONIEをよろしくお願いいたします!
 
–今後の展示会開催スケジュール-
 
10月27〜30日
 
11月3〜6日 
 
11月10〜13日 
 
にて引き続き2017SS展開催しますので、ぜひお立ち寄りください。
 
(※詳しくはHEADGOONIE公式HPをご覧ください。)
 
 
【当記事では2017S/S商品の一部も含めてご紹介させて頂きます】img_8527

グーニーズの中のキーアイテム!(右下)映画:グーニーズに出てくる重要アイテムをモチーフにしたスカルペンダント。

img_8441

左:HEAD GOONIEでは定番のブランドロゴTシャツ。タグの位置も特徴的ですね! 

中:バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3で西部開拓時代へタイムトラベルした主人公マーティーが、宿敵との対決においてポンチョを着たモチーフをベアに置き換えたウエスタンベアTシャツも映画ファンにはたまらない。よくみると、しっかり、体に鉄板を仕込んでるところもデザインしているのは、ニヤッとしますね。

右:古着の名作として名高いピーナッツのデザインをバック・トゥ・ザ・フューチャーのドクこと、エメット・ブラウン博士でオマージュしたTシャツも注目。

 

img_8444

ヘッドグーニーさんのメンバー:東京グーニーズと拠点の東京をバックに80年代の名作映画とのオマージュのデザインが素晴らしいOVER THE MOON T-SHIRTS。まさに、ブランドイメージを表現したアイコン的Tシャツ。深いミッドナイトブルーと鮮やかな月のデザインとのコントラスト、こだわりのヘビーウェイトのボディ素材にも注目。

img_8451

バック・トゥ・ザ・フューチャーパート3の主人公とあの名作西部劇の名優を対面させたTシャツや映画のモチーフのオリジナルファブリックをポケットにあしらったミリタリーテイストとヘッドグーニーさんらしさ全開のポケットTシャツなども展示。

img_8447

img_8446

バットマンのヴィランとしてもおなじみのキャットウーマンをモチーフにしたTシャツは、立体的なプリントとマスクの継ぎ目を実際の糸で表現するディティールが、ヘッドグーニーさんの映画愛、プロダクトへのこだわりがひしひしと感じられるTシャツです。

 

 

img_8524

大八木未来(おおやぎみき)プロフィール

HEADGOONIEデザイナー

1978年  千葉県生まれ。

2001年 フリーペーパー『東京10:45』を創刊。

インディーズTシャツブランド『EmmettBrown』を立ち上げる。

2009年 ブランド名を『HEADGOONIE』に改名。

自社内にシルクスクリーン機能を導入。製版サービス、プリントグッズ販売を開始。

2010年 スタジオを用賀に移し、個人事業として独立。

2012年 自社出版レーベル『HEADGOONIE BOOKSTORE』をスタート。

 

ファッションブランドHEADGOONIEとは?

blog82

『GOONIE』(グーニー)

とは、直訳すると素行が悪い、野暮ったいetcの意味。

映画『グーニーズ』の中で、主人公のマイキーは「退屈」という意味で使っていて、 僕らもそちらで捉えています。

80s冒険映画に影響されたグラフィックデザインを水性インク・シルクスクリーンを使用して表現することにより、意図的ではないカスレや滲み、版ズレが生じ、シルクスクリーンがまだ発展途上だった頃のような、懐かしさ・温もりを感じるプリントクオリティーを演出しています。

また、縫製ウエアは天然素材を積極的に用いて、広島・岡山に生産の拠点を置き、京都の友禅染めや奄美大島の藍染など日本の伝統的技術を取り入れ、親から子へ受け継ぐことのできるスタンダードな見た目でありながら、どこかに忘れかけていた冒険心をくすぐるトリックを取り入れています。

一見は「手作り」「日本製」にこだわった唯一無二のウエアでありながら、大人になって忘れかけてしまった冒険心を呼び起こしてくれるギミックが裏に隠されている。HEADGOONIEはそんな衣類づくりを目指しています。

05_life01b2

大人気映画『ハリーポッター』シリーズでドラコ・マルフォイ役を演じたトム・フェルトン氏

 

商品に関するオーダーやご質問はこちらまで↓

MAIL/  info@headgoonie.jp

TEL/03-6431-0958

受付時間:平日13:00~20:00(土日祝・休)

ここがちょっといいね!

今日も大阪にて開催されているヘッドグーニーさんの展示会。藍染は勿論、炭を使った高品質なアイテムにも圧倒されました。 また、映画ファンもファッションファンも“欲しい”と思わせる物作りを13年もの間アップデートを繰り返し、徹底し続けるヘッドグーニーさんには脱帽します。オマージュは勿論の事、ファッション性の高いデザイン、そしてディテールや素材へのコダワリも素敵だと思います。今までもこれからも、動向から目が離せない注目のブランドです!またお邪魔させて頂きます!

Category: FASHIONTopics
Tag:

TWO_BOW
ライター

㈱STAYGOLD 代表 メンズファッションブロガーとして6年連続日本一を獲得後、当サイト:Leaddy立ち上げ。好きな物:Rock/Fashion/Running/神社/温泉/宇宙/歴史 etc... instagram:leaddy.jp Twitter:(個人):@two__bow (Leaddy):@Leaddy_JP Facebook:@leaddy.jp

オススメコンテンツ

最近の投稿