ライター:

GW明けの今だからこそ、オールデンを履いてみよう

オールデン、男性のファッション好きなら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?英語表記だと『ALDEN』もはや高級感と品格が名前から溢れている…気がします。

ALDEN 990

一度は履いてみたい『ALDEN オールデン』


何故GW明けなのか、それは夏に向けてサンダルや様々なメーカーやブランドが出している蒸れ対策等を打ち出しているシューズに目がいっている中、改めてオールデンの魅力にハマってみるのもいいのではないかと言う筆者の勝手な思いから書かれたものです。無理やりオススメするというより、筆者自身が改めてオールデンの魅力に惹かれていると言うだけですが、読んでいる方のきっかけになれば!

価格のせいか、雨の中履くのは最初はかなり抵抗がありますが、そこは長い歴史を持つオールデン、コードバンの艶感を維持しつつ、撥水効果を与えるオールデン レザーディフェンダー (ALDEN LEATHER DEFENDER) と言うものが存在します。

オールデン レザーディフェンダー (ALDEN LEATHER DEFENDER) 3,240円(税込)

勿論どんな雨でも大丈夫というわけではありませんが、多少の雨ではびくともしません。注意点としては普通の防水スプレーとは違い一度柔らかい布に吹き付けて塗り伸ばしてつけるのが特徴です。


画像参照元 lakotahouse

オールデンに限ったことではないのですが、上質なレザーを使ったシューズは10年20年と履き続けられます。もちろんそれにはそれなりの手入れや、ソールが減ってきたら交換等の手間はかかります。

語りきれないALDENの魅力


オールデンには長い歴史と共にこれでもか!と言う種類があります。様々なモデルがありますが、不朽の名作とも言われる一枚革のシンプルなプレーントゥ『990』は正に名作と言ってもいいでしょう。引き締めすぎないホールド感がしっかりとした履き味をもたらしてくれます。そしてやはりオールデンには、パートナー企業であるホーウィン社の世界最高峰とも言われるシェルコードバンレザーが採用されたアッパー!希少価値も高く使い込めば使い込むほどにならではの美しい色に変わっていきます。

レザーシューズの魅力は語り尽くせないものもありますし、まずは取扱店にて実際に履いてみるのが一番です。WEBや紙媒体の限界ではありますが、オールデンを正規で取り扱っているお店ではフィッティングからモデルの相談もしっかり聞いてくれるところがほとんどです。それほど靴を愛してくれる人を大切にしているブランドなのです。

店員さんに聞けばウンチクもたくさん教えてくれることでしょう。梅雨時前にあえてこのオールデンと言う高級靴の世界に踏み入れてみてはいかがでしょうか。

Category: FASHIONRecommend
Tag:

nao
ライター

スニーカーと洋服で部屋が埋まってしまうお馬鹿さん 常に心がけているのはカードを持って伊勢丹メンズ館や青山に行くのは危険と言う事 ファッションからガジェット・ライフスタイル色んな記事書きます! ライブハウスのモッシュピットでお会いしましょう!

オススメコンテンツ

最近の投稿